石川啄木事典 - 国際啄木学会

石川啄木事典 国際啄木学会

Add: sevugoz71 - Date: 2020-12-17 17:52:11 - Views: 9387 - Clicks: 2045

・石川啄木事典:国際啄木学会。おうふう ・石川啄木と東京散歩:大里雄吉。平凡社 ・26年2か月 啄木の生涯:松田十刻、もりおか文庫 ・新訂版 石川啄木:金田一京助、角川文庫 ・啄木と鉄道:太田幸夫、エフ・コピエント・富士書院. イシカワ タクボク ジテン. 書誌情報 責任表示: 国際啄木学会 編 出版者: おうふう 出版年月日:. 石川啄木年譜 1905年 明治38年 満19歳~22歳 主要参考文献 「石川啄木事典」国際啄木学会編/おうふう/ 「石川啄木伝」岩城之徳/筑摩書房/1985 「石川啄木」人物叢書/岩城之徳/吉川弘文館/ 「啄木評伝」岩城之徳/学燈社/1976.

本日、北海道新聞(年8月13日・夕刊・記事)が石川啄木を通じて知り合った親友の1人である釧路市在住の北畠立朴氏から送られてきた。 その1面に啄木と釧路との関りが詳しく紹介された記事であり、取材に協力した北畠立朴氏の写真も載っている。北海道新聞には、つい先ごろ(6月6日~6. 書名石川啄木事典著者、出版社など国際啄木学会編おうふう菊判 カバー帯付 定価4500円1冊平13自店管理番号86414自店分類番号6300. その間、関西啄木懇談会に入会して以来、石川啄木についての愛好と研究を深め、1994年に国際啄木学会に入会、現在評議員として活躍されています。 啄木関係の主な著書. 石川 テンプレート:拡張漢字木(いしかわ たくぼく、1886年(明治19年)2月20日 - 1912年(明治45年)4月13日)は、日本の歌人、詩人。本名は石川 一(いしかわ はじめ)。. 国際啄木学会研究年報 (第15号) 年3月 啄木日記にみる文学者意識と自己客観化--「石川啄木」「啄木」「石川さん」「石川君」「石川」「啄木様」「いしかわさま」「啄木子」という表記を中心とした考察 【石川啄木】 石川啄木文学 石川 啄木(いしかわたくぼく、1886年(明治19年)2月20日 - 1912年(明治45年)4月13日)は明治時代の歌人・詩人・評論家。本名は、石川 一(はじめ)。 目次 非表示 1 生涯 1. 国際啄木学会(編)『石川啄木事典』おうふう、年 遊座昭吾『北天の詩想―啄木・賢治、それ以前・それ以後』桜出版、年 長浜功『啄木を支えた北の大地―北海道の三五六日』 社会評論社 、年. 9 Description: 647p, 図版 1 p ; 22cm.

9 形態: 647p, 図版 1 p ; 22cm 注記: 編集委員: 池田功ほか 石川啄木の肖像あり 著作目録: p454-478 読書目録: p479-498 作品出版史: p499-521 研究文献目録. 9 形態: 647p, 図版 1 p ; 22cm 著者名: 国際啄木学会 書誌ID: BAISBN:主題:. これに関しては、私も一緒に編集委員をし」ていたされた国際啄木学会編『石川啄木事典』(おうふう)でればならないのは、二〇〇一年(平成=二)九月に刊行 次に、小川先生の啄木についての業績として挙げなけならなくなっている。.

★石川啄木の作品(全般) 啄木の日記ほか: ★スワン社資料室 小樽の啄木を網羅する新谷氏の資料文献: ★石川啄木の日記 ネット上初の詳細な啄木日記が読めます: ★国際啄木学会 国際啄木学会の新HPです: ★ 歌集『一握の砂』(全). 著者 国際啄木学会編 出版社 おうふう 発刊 作品、項目、資料篇の3部からなる。ユニークなのは項目篇で、一般的な項目やキーワードに加えて、「イメー ジ項目」を立てた点。. 国際啄木学会 : 20年の歩み = International Society of Takuboku Studies : twentieth anniversary of the founding 池田功 ほか 編 国際啄木学会.

1 盛岡時代 1. つまり事典編集者は尚三氏より孤舟氏のほうを重視しているということであろう。 学会編「石川啄木事典」で小田島孤舟氏の部分には次のように書かれている。「小天地社に啄木を訪ね交際が始まる。啄木の小天地社時代を知る貴重な存在である。. ②『石川啄木事典』 国際啄木学会/編 おうふう 年 p619「年譜」一九〇二年(明35)満一六歳 ③『石川啄木の世界』 遊座 昭吾/著 八重岳書房 1987年 p53「足尾銅山鉱毒事件への関心・退学、賭けた上京」、p276 ④『人間啄木』. 9 形態: 647p, 図版 1 p ; 22cm 著者名: 国際啄木学会 書誌ID: BAISBN:. 11 形態: 6, 358, 17p ; 19cm.

岩城之徳(いわき ゆきのり、1923年 11月3日 - 石川啄木事典 - 国際啄木学会 1995年 8月3日)は、日本近代文学研究者、日本大学 名誉教授。 文学博士。 石川啄木の実証的研究の基礎を築いた。. 石川啄木事典 / 国際啄木学会編 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: イシカワ タクボク ジテン 言語: 日本語 出版情報: 東京 : おうふう,. 239「石川正雄」 〇石川正雄について論じている資料 ・『『啄木日記』公刊過程の真相』長浜功∥著 社会評論社∥発行 年. 国際啄木学会 南臺国際会議(. 論集石川啄木 フォーマット: 図書 責任表示: 国際啄木学会編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : おうふう, 1997. 石川啄木研究は、現在「国際啄木学会」ができていて、今やグローバル化しています。研究者も時代を追って新鋭が現われ、 ①岩城之徳(一九二三~一九九五) ②今井泰子(一九三三~ ) ③近藤典彦(一九三八~ ). 2 放浪時代 1. 10.「啄木文学の定説をめぐって」 ・1 そうぶん社 11.国際啄木学会編:「石川啄木事典」(共著)・9 おうふう 略歴(上記9から引用) 井上信興(いのうえのぶおき) 大正10年10月広島市生れ。医師。.

+α 石川啄木事典. 25 ) 深町博史: 石川啄木と夏目漱石 ―明治三十九年の小説「雲は天才である」と「野分」をめぐって―(『国際啄木学会研究年報』第一七号、.3) 年度 : 深町博史. 3 東京での作家活動と生活. 学会外の方々の協力をも仰ぎつつ、国際啄木学会が総力を結集して編集・執筆した「石川啄木百科事典」です。 第一部は各分担執筆者が蘊蓄をかたむけて、啄木作品の各ジャンルの読み方を解説しています。.

4 形態: 2冊 ; 22cm 著者名: 国際啄木学会 書誌id: baisbn:. 9 請求記号: kg538-g39 書誌id:. 『石川啄木全集』(筑摩書房 1978~1980) 国際啄木学会編『石川啄木事典』(おうふう ) 司代隆三編『石川啄木事典 改訂版』(明治書院 1970) 岩手放送岩手百科事典発行本部編『岩手百科事典』(岩手放送 1978) 啄木の生涯 『啄木歌集カラーアルバム』(芳賀書店 1998).

石川啄木 / 石川正雄構成・解説 ; 窪川鶴次郎執筆 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: イシカワ タクボク 言語:. 石川啄木事典 Format: Book Responsibility: 国際啄木学会編 Language: Japanese Published: 東京 : おうふう,. 『国際啄木学会東京支部会会報』(国際啄木学会東京支部会)第8号 : 14〜20頁 : 7) 啄木「おもひ出づる日」の歌 : 単著 : 年年3月 『国際啄木学会研究年報』第(国際啄木学会)4号 : 26〜33頁 : 8) 「ふと」した啄木-『一握の砂』四九八番歌をめぐって- 単著. Ishikawa Takuboku jiten.

石川啄木事典 フォーマット: 図書 責任表示: 司代隆三編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 明治書院, 1970. com で、石川啄木事典 の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。. 277~278「啄木関係人物略伝 石川正雄」 ・『石川啄木事典』国際啄木学会∥編 おうふう∥発行 年 ⇒p. 「石川啄木事典」国際啄木学会編/おうふう/ 「石川啄木伝」岩城之徳/筑摩書房/1985 「石川啄木」人物叢書/岩城之徳/吉川弘文館/ 「啄木評伝」岩城之徳/学燈社/1976 「啄木の妻節子」堀合了輔/洋々社/1981 「石川啄木」近代作家研究叢書. 『石川啄木事典』 牧水と啄木の最初の出会いは、1910年(明治43)6月の「 大逆事件 」の後の11月、浅草の路上のことであった。 その後、翌年の2月、原稿依頼のため牧水は啄木を訪ねている。. 石川啄木事典 フォーマット: 図書 責任表示: 国際啄木学会編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : おうふう,.

石川啄木事典 - 国際啄木学会

email: azurat@gmail.com - phone:(392) 951-4528 x 5220

庶民派経済学 - 森永卓郎 - 小賀野実 町ではたらく車

-> 基礎からわかる建築構造物の設計 - 日本鉄鋼連盟建築
-> シチュエーション別 イベントCGの描き方

石川啄木事典 - 国際啄木学会 - メイヒュー 路地裏の生活誌 ヘンリー


Sitemap 1

わたしの着たい服・輝く人へ 2012秋冬 - 松岡修造 本気になればすべてが変わる